MIS.W 公式ブログ

早稲田大学公認、情報系創作サークル「早稲田大学経営情報学会」(MIS.W)の公式ブログです!

目指せ!顔だけ絵師!【新歓ブログリレー2017 2日目】

顔、それはキャラ絵において文字通り顔となる部分である。

というわけでお絵かき始めようかなって人のために最近こんな感じで顔の描き方が安定してきたよって話を紹介する記事です。どうも。51代CG研の19です。 先に言うと筆者のお絵かきレベルは高いとは言えませんが神絵師は口をそろえて「ん~感覚かな?w」とかほざき...おっしゃられるので下手な人のほうが最初のつまずきやすいところがわかるのかなぁという思いで書いてます。「それ違くない?w」みたいなことがあったらへたくその戯言だと思って聞き流していただけると幸いです。

全体の流れ

まず簡単に流れを説明すると以下のような感じです 十字線→鼻→目→口→輪郭→髪→仕上げ ここから各工程についてこんなところに気を付けたほうがいいと思うよってことをピックアップしていきます。

十字線

まず丸と十字線を描きます。適当な工程に見えて実は初心者のうちは重要だったりします。 僕の場合はこの丸は輪郭とかとは関係なく、なんならなくてもいいです。この工程で重要なのは十字線が球の表面みたいになることでここがしっかりしてないとうまく立体感が出ません。あと、変にこの線がゆがむと基準がずれるせいでこの後にも響きます。しっかり引きましょう。

鼻は顔の中心です。どんな表情でも基本動かないため基準にしやすいので僕は最初に描きます。といってもデフォルメされた鼻はほとんど点ではありますが...。さて、十字線交点から鼻が始まるとイメージして鼻の先端に短い線(または点)を描きます。はい、おしまい。 鼻も簡単ではありますが基準になってくるので適当だとこの後の工程に響きます。

顔の主役といってもいい目です。最も難しく、最も個性が出るので好きな目を書いてください。この記事ではバランスのほうに重点を置くため目の内容についてはあまり言及しません。好きなアニメなどからパクってきてください。 鼻の先端から十字より上の部分まで線を引きます。大体十字線の交点の部分とおなじくらい突き出します。そこから左右に幅をとり三角形を作ります。Tラインの部分になるのでこの内部には絶対に目は入りません。 三角形から少し離れた部分に眼窩(目玉の入る穴)があってその中に目が入ります。さっき作った三角形から延長するようにして眼窩をイメージします。(実際に描く場合はレイヤを分けたり薄くした方がいいです) あと、三角形の底辺となる部分を横に延長しますこの高さが目の上の部分になるので十字線の横線と平行になるようにします。

目は左右対称です。しかし角度がつくことで奥の方が横に縮んで見えたり角度によっては遠近法で少しだけ小さくなったりします。図のような角度では遠近法は気にしなくていいですが奥の目は少し横に縮みます。あと焦点の合わせ方ですが僕もよくわからないので少し内向きにして書きまくって調整してます。わかんないものはわかんないです。

口は鼻と口の間が離れすぎなければ基本的に違和感は出にくいです。口元好きな人は調べてください。僕はそれほどここにこだわりがないので割愛。

輪郭

輪郭は意外に適当でも大丈夫です。某ポプテや某あ〇まいみーなどでもかなり自由ですし。ただ、左右が均等じゃなかったり、不自然な抉れがあると途端に変になるのでそこは気を付けましょう。あと頭は結構でかいです。

髪は僕もよくわかんないです。うん。なんかつむじ決めてわさっとやります。次のアドカレで描けたらなぁって思います。まぁ坊主までかけてればそこから生やしてごまかします。

仕上げ

首とかにょきにょき生やして、眉毛生やしてなんかできました。あとは線きれいにするなり、瞳書き込むなりでなんとかなります。このキャラは無表情&無個性になったので魅力あんまないですがその辺付け足せば構造は一緒なので魅力が出ると思いますたぶん。

補足

はい。読んでてよくわかんなかったと思います。僕もわかんないです。ということで摸写しましょう摸写。すべてが詰まってます。 あと目が最難関だと思うのでそこの練習法の話だけします。 勝手にレンガブロック法と命名しているのですがレンガブロック(ただの直方体)を描きます。そこに目のシールを貼っていくイメージでめを描きます。これだけです。実際、絵を描くというのは仮想のマネキンにパーツごとのシールを貼っていくイメージなのでこれができるとたぶんかけると思います。

はい。すごいわかりにくかったと思いますがこんなところで終わりにさせていただきます。こんなんじゃわかんねぇよって部分は直接聞いてください。ほんわか答えます。 それではみなさんのよきお絵かきライフをねがって。

明日は51代えすふりくんの投稿です。お楽しみに!